カードローンの中の最上位、プラチナカード

銀行カードローンには様々な種類がありますよね。そんな中でも、プラチナカードって、みなさんご存知ですか?響きから言っても、なんだか高級そうなイメージですよね。クレジットカードといえば、一番上位なのはゴールドカードかなと思いがちですが、プラチナカードというのはそのゴールドカードの更に上にあたるカードなんですって。通常のクレジットカードと同じく、自分で申し込みができるタイプのものもありますが、優良会員として招待を受けた人だけが持てるものが多いようですね。プラチナ、というだけあって、年会費はかなり高額のようです。でもその分、利用可能枠も高額ですし、主要空港でのラウンジサービスや、旅行の際の保険などは他のカードと比べるとずいぶん充実しているようですし、高級レストラン、ホテルなどの優待、ショッピングでのポイントの付き方はかなりお得なようですし、様々な特典があります。

プラチナカード保有者の中でも人気のサービスは、コンシェルジュサービスだそうです。これは、まるで秘書をやとっているかのように24時間、急な会議などの会場の手配、普通なら簡単には予約できないようなレストランの手配、コンサートのチケットの手配、ホテルの手配など、様々な要望を一対一で聞いてくれて、手続きを代行してくれるサービスなのだそうです。つまり、プラチナカードを持っている=ワンランク上のステータスの人間である、と証明できる、お財布から出すその瞬間が誇らしい、そんな存在のカードですよね。

プラチナカードの申し込み資格とローンとしては低めの利率

クレジットカードの中には、プラチナカードと呼ばれるものが有ります。そのカードは、誰でも発行できる訳ではありません。やはり一定の資格が必要となってきます。まず年齢です。私は複数のプラチナカードの資格を調べてみたのですが、その全てが20歳以上で設定されています。上限は、カード会社によって多少異なります。3社の内の1社は64歳までが上限となっていますが、残り2社は59歳までで設定されています。すなわち、定年までというのが目安という事になります。

次に勤務年数です。クレジットカードやローンの審査に合格するためには勤続年数が重要と言われています。3社のうちの1社では勤続年数が半年以上ある事が求められます。別のプラチナカードの場合は、勤続年数が3年以上で設定されています。さらに別のカード会社では1年以上となっています。すなわちプラチナカードを発行するためには大体3年以上の勤続年数が有る事が理想で、最低でも半年以上の勤続年数が求められるという訳です。

ところでこのプラチナカードの利息は、通常のクレジットカードと比べるとやや低めに設定されています。1社は年利7%から8.5%前後となっています。また別の会社では年利7.8%前後です。他の1社は、7.5%前後です。この数字は、ローンの利率としては低い方です。中には金利が18%位かかるクレジットカードも有るからです。以上を総合的にまとめるとプラチナカードは成人から定年前までの勤続年数が半年以上ある人を対象としたものであり、年利が大体7.8%位のカードという事になります。

プラチナカードはローンでも使い勝手でも普通のカードより上

クレジットカードが一般的に使われるようになってからしばらく経ちます。当時から「お財布に現金が全く入っていなくても買い物ができる!」なんて宣伝されていましたが、最近ではネットショッピングにクレジットカードを利用している人も多いと思います。中にはすべての買い物をネットショッピングとクレジットカードで済ませている人も多いのでは?特に体に不自由がある人や妊婦さんなんかになると便利ですよね。そういう場合月々のカードの利用額が結構大きくなるので、もしかしたらカードをプラチナカードにすることも可能かもしれません。実はプラチナカードは平均的な年収さえあれば所有できるチャンスがあります。年収は平均的でも1年で利用した額が多ければ可能性があるんです。

プラチナカードにすると便利なことがたくさんあります。まず金利が低いこと。金利が低いのでカードローンを利用する場合は非常に大きな助けになります。特にまとまったお金が必要な場合や高額な物を購入する場合、低金利であることは何よりも大きな強みになるでしょう。それからプラチナカードだと利用限度額が通常のクレジットカードよりもずっと上になります。なのでまとめて物を購入したい場合も便利だし、使い勝手がよくなりますよ。だからカードローンを考えても使い勝手を考えてもプラチナカードが便利です。もしも普段からクレジットカードをヘビロテしているのであれば、プラチナカード取得を目指してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です