クレジットカードの手数料について

インターネットを利用していると、お金を振り込むと言う場面に多々出会います。私の場合は、良くインターネットの通販を利用したり、ネットオークションを利用したりしているので、その際にお金を振り込んだりします。通販にしてもオークションにしても、支払方法はいろいろあります。代表的なものを挙げると、代金引換、クレジットカード支払い、コンビニ支払い、電子マネー決算、そして銀行振り込みです。

私が一番利用する支払方法は銀行振り込みです。そしてその銀行振り込みの中でも、ゆうちょ銀行振込が一番便利だと思っています。なぜかと言うと、日本の至る所に郵便局があるので、口座を開設している人も多いのです。特にネットオークションは個人での取引がメインになりますから、お金を振り込みに行く際に、どこにでもあるゆうちょ銀行はとても便利なのです。しかも今現在、ATMでのゆうちょ銀行間の振替は手数料が無料なんです。そんな感じでゆうちょ銀行の口座は持っているととても便利です。

オークションに関しては、ゆうちょ銀行の口座への振り込みが多いのですが、ネット通販はゆうちょ銀行振り込みがない店舗も多々あります。そんな時は、そのお店で一番手数料がかからない支払方法を選ぶかお店を変えます。せっかく安く購入できたと思っても、手数料をプラスしたら近所で買うより高くなったなんて事になり兼ねませんよね。ただ、店舗によって同じ支払方法でも手数料をとらないところもあったりするので、インターネットでお買い物をする際は支払方法を熟読する事が重要になります。

お金を持参せずにカード決済できる基本条件は預金口座の残額管理

終戦直後の政治、経済、社会の混乱期であれば時には物々交換でお互いに必要とするもの同士の交換を行っていたこともありましたが、正常な政治、経済体制が機能するようになって企業等の事業が行われ、国民が平穏な日常生活を送れるようになってくると、ものやサービスの取引や売買に必然的にお金が介在する姿に戻ってきたのです。しかも、経済活動が活発化するに従い、直接ものやサービスとお金を交換する他に高額な金額の場合などは現金の持ち歩きは札束が嵩んで不安全行動にもつながるため、あらかじめ小切手や小為替を用意しておいたり金融機関にある預金口座からの引き落としや振り込みによってものやサービスと交換するシステムが急速に拡大てきました。今では現金を持ち歩かずにクレジットカード1、2枚を持参するだけで済む時代になりました。

デパートや店舗へ出かけてお金を出してものやサービスを買うばかりでなく、在宅のまま通販やネット販売による取引や売買が増加し、預金口座からの自動引き落としが増えていくはずです。経済がグローバル化し、パソコンや情報通信端末が家庭に普及し、社会の制度や仕組みが複雑化している高度情報化社会では企業等の事業活動や家庭の日常生活ではものやサービスの取引件数が今後も一層増えていくことが予想されています。最近、多くの人が多額のお金を持ち歩かなくなり、日常生活に必要なものやサービスの売買や取引でさえ、ATM等の振り込みやカード決済など、便利な方法に頼るようになっているので、金融機関を介した口座振替システムが昼夜分かたず機能していないとさまざまな活動がストップし、事業活動や日常生活に大混乱を生じかねない時代です。もちろん、このような売買や取引すべてに必要なお金を預金口座に用意しておくことがこの仕組みが機能して人、もの、お金の激しく移動する現代社会の経済活動を支えていく基本的な要件であることは当然です。

銀行の残高がいくらになったらお金を補充するか

都市銀行が利用銀行の中心であったとき、その銀行の口座だけを持っていれば用は足りました。会社に入ると給与の振り込み用として銀行口座を作らなければいけませんでした。会社の近くの支店の口座を作って指定しておきました。公共料金の引き落とし、クレジットカードの引き落としもそちらで行いまいした。都市銀行の口座だといろいろなことができるのです。しかしある時から様子が変わってきます。ネット銀行が登場してきてからです。

ネット銀行と都市銀行を比べると、明らかに利便性が異なります。それもそれぞれのネット銀行が競争しているので、便利な所が複数あるのです。人によっては都市銀行と複数のネット銀行の口座を持っていることもあるでしょう。会社においては、都市銀行に給与の振り込みをすることはできるのですが、ネット銀行にはできない場合があります。技術的にはできるのですが、手数料がかかるから会社と同じ都市銀行にしてほしいと言われることもあります。

そこでよく行うのが都市銀行からネット銀行への振替です。ネット銀行は使うだけなのでどんどん減ります。残高がいくらになったらお金の補充をするかです。引き落としが行われる金額を計算しておいて、それが行われても十分な金額になるでしょう。5万円を引き落とされるのであれば、5万円がある状態にしておけば、引き落としがされないことはなくなります。クレジットカードの利用であるときに引き落としが多くなる時は注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です