クレジットカードの審査を甘くしたい人必見

VISAのように世界中で使用できるカードの場合には、カードのランクによって受けるサービスは海外にいる時に一層明確な違いを感じることになります。
ゴールドランク以上には早いうちになっておきたいものです。
VISAのゴールドランクになるためには、学生のうちからクレジットヒストリーと呼ばれるカード利用履歴を重ねておくことが有利だと言えるでしょう。
クレジットヒストリーを磨くためには公共料金の支払いなどをクレジットカードを使用して行えば良いだけで、無理をして高い買い物をしたり、カードローンを使用する必要はありません。
アメリカでは、結婚や就職などにもクレジットヒストリーが重要な要素となっています。
カードのランクが違うことで、生涯年収にも大きな差が付いてしまうとも言われています。
文化の違いもありますが、カード社会の到来によって、日本も影響を受けていくことは避けられないように思われます。
もちろん無理をする必要はありません。
VISAのゴールドランクの審査では、日本の20代の平均的な年収でも通ると言われています。
学生のうちから事故を起こさずに、継続してカードを使用する習慣を身に付けるようにすれば良いのではないでしょうか。

クレジットカードって便利すぎ

VISAカード使ってから一週間ほど経ちましたがクレジットカードというのは非常に便利だと感じております。
しあしあまりにも便利過ぎるとも僕は感じました。
VISAカードを利用しているといくらでもお金が出てくるような感覚に陥ります。
VISAカードではじめて購入したのは英語の用語集です。
最近英語の勉強をしているのでカードでサッと買ってしまいました。
これがもしクレジットカードを持っていなかった場合、恐らく英語の用語集は買っていなかったかもしれません。
便利なカードを手に入れて便利さに慣れて買ってしまったと言ってもおかしくないかもしれません。
クレジットカードでよく破産したとか、買い物依存症の人をテレビで見てましたが利用してその方々の気持ちがよくわかりました。
ローン地獄になる人の気持もわからなくは無いですが自分がそうなってはいけないと思い、最近は外出する時にVISAカードを携帯する頻度を減らしています。
減らしていると気が付きます。
クレジットカードが如何に便利かという事です。
一度便利な物を知ってしまうと元に戻れない感覚と言ったらいいのかわかりませんが、そんな気持ちになります。
せっかく手に入れたのだから便利に有効にVISAカードを使っていこうと思っています。

審査基準の異なる信用情報機関
マイカーローンなど車のローンを借りる場合などには、通常、審査があります。
また、VISAなどのカードを取得する場合にも、審査が必要となります。
ローン審査とカード審査には何か違いがあるのでしょうか。
実は、審査情報自体は、クレジットカード会社や金融機関などが持ち合わせているわけでなく、信用情報機構に、それらの会社が問い合わせているのです。
信用情報機構に加盟することで、この機構を通して、審査対象となっている個人の情報を引き出すことが可能となっているのです。
信用情報機構には、銀行系が加盟しているもの、信販会社やクレジットカード会社が加盟しているもの、消費者金融が加盟しているものに分かれています。
現在は、銀行系が加盟している信用機構がKRC、信販会社およびクレジットカード会社が加盟しているのがCIC、消費者金融が加盟しているのがJICCということになっています。
各信用機関は、申込者の情報を入手すると、独自のデータと照合して審査を行うことになります。
そこで、マイカーローンやカード会社、その他の消費者金融などでは審査結果が異なってくる場合もでてきます。
自己破産などが過去にあった場合には、これらの各情報機関でそれらの情報を確保することになります。
なお、これらの信用機関に対しては、信用機関に出向いたり、また、郵送で、自分の個人信用情報の開示請求ができるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です