クレジットカードで海外旅行中での審査が甘くなるタイミング

海外旅行や海外出張を終えて帰国すると、すぐに外貨両替をしたくなる人も多いかと思います。確かに今後いつ使用するかわからない外貨は、すぐにでも日本円にしたくなりますよね。でもそこはぐっとこらえて、ニュースやレートをまめに確認されることをおすすめします。なぜなら、日々レートは変動しているからです。ひとまず、外貨は保管しておき、日々レートを確認します。なにかその国でおめでたいニュースなどがある時は、レートも変動する可能性は大いにあります。
自分が海外に行く前に両替した時のレートと比較して、円高になっていたら、やっと持ち帰った外貨を両替します。銀行で紙幣やトラベラーズチェックの両替ができます。硬貨については、銀行での両替は難しいかもしれません。アメリカの硬貨であれば、両替をしてくれる金券ショップがあるようです。事前にインターネットなどで調べて、なるべく無駄のない外貨両替をされることをおすすめします。硬貨はなるべく海外で使いきったり、両替したりして、紙幣だけを持ち帰るのが得策かと思います。

外貨両替はどこで行うのが得か

日本においては日本の円しか流通していませんから米ドルを持っていても使うことはできません。でも場合によっては米ドルを持っておく意味はあります。もし米ドルの価値が将来あがるというのであれば安いときに交換しておいて上がってから再び交換するということもできます。また海外旅行などで実際に使うというときも交換する必要があります。行く地域によって日本で好感したほうがよいときと現地で好感したほうがよいときがあるようです。
では外貨両替はどこでするのがよいかです。まずは銀行で行うことができます。比較的安定したレートで交換してもらえます。さらに空港などでも交換してもらえます。さらに注目されているのがチケットセンター、金券ショップと呼ばれるところです。こちらは街中にもたくさんあります。すべてのショップではありませんが、一部のお店で外貨を扱っているところがあります。キャンペーンをしているときなどは得なこともありますからチェックしておきたいです

FXと中長期型運用について

FXとは外国為替証拠金取引のことですが、2011年8月からレバレッジが最大25倍に変更されます。資金の少ない個人投資家には難しい判断を迫られることになります。そこで、中長期型運用へと投資スタイルをシフトさせることについて考えてみました。
証拠金率があがることで、デイトレードのようなスタイルは資金に余裕がある人しかできなくなってくると思います。ポジションをたくさん持つというのもリスクが高いですね。そこで中長期型運用へと考えをシフトさせてみるのです。特に金利スワップを稼ぎながら運用できる通貨に注目してみます。
暴落時や通貨安の際に買って、長い視点でポジションを持っておくと、勝手にスワップが付いてくれます。南アフリカランドや豪ドルなどの資源国通貨は、対中国貿易などで景気もいいので、しばらくポジションを持っていてもあまり問題はないと思います。日足より長いチャートを見ながらゆっくりとした気持ちでトレードするといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です